オーストラリア・1歳女児、両親に極度のヴィーガン生活(菜食主義)を強いられ“くる病”に!「娘が成長していないことを、深く考えたことはなかった」と発言

1歳女児、両親に極度のヴィーガン生活を強いられ“くる病”に

父親は、「娘が成長していないことを、深く考えたことはなかった」と発言したという。

オーストラリアで、両親から極度のヴィーガン生活(菜食主義)を強いられた1歳の女の子が”くる病”になったことが分かった。
しかし、当の両親は事の深刻さを理解しておらず…。