神戸・「会社の売上金の使い込み隠すため…」トイレで330万円盗まれたと虚偽の通報した男を逮捕

使い込み隠すため、虚偽の通報した男を逮捕

※画像はイメージです。

会社の売上金の使い込みを隠すために、現金330万円を盗まれたという虚偽の110番通報をしたとして、兵庫県警葺合署は11日、偽計業務妨害の疑いで、神戸市中央区の会社員の男(39)を逮捕した。

同署の調べに、男は容疑を認めているという。