アメリカ・保育施設で生後6か月の男児を踏みつけて殺害した”10歳の少女”、第一級殺人罪で起訴!抱っこしている最中に…

子供が子供を殺めてしまうニュースほど辛いものはない。このほど米ウィスコンシン州の保育施設(デイケア)で悲しい事件が起こった。生後半年になる赤ちゃんの頭を10歳少女が故意に踏みつけて殺害したのである。このたび裁判所に出廷した少女は第一級殺人罪で起訴され、保釈金が設定された。『StarTribune』『WBAY』『The Sun』などが伝えている。

ウィスコンシン州チッペワ・フォールズ西部ウィートンにある認可保育施設から10月30日の午後、緊急通報が入った。施設内で生後6か月になる男児が頭部から血を流し意識不明の状態で発見されたのだ。

男児は地元病院へ運ばれた後、ミネソタ州のセントポールにあるジレット子供病院へと緊急ヘリで搬送されたが、11月1日に死亡した。男児を診察した地元病院の医師は、怪我が偶然の事故によるものではないと断定しており、警察が当時施設内にいた大人1人と子供たち3人から事情を聞いたところ、容疑者は10歳少女に絞られた。

この10歳少女(名は公表されず)が話したところによると、男児を抱っこしている途中で落としてしまい、足のせ台(脚立)に頭をぶつけて泣き出したためパニックになり、男児の頭を踏みつけたという。