福島・出生時304グラムの低体重だった赤ちゃん、危機乗り越え無事に退院 現在は3650グラムに成長

出生時304グラムの女児、危機乗り越え無事に退院

※画像はイメージです。

福島医大付属病院で昨年12月11日に、体重304グラムで生まれた福島県郡山市の女児ちゃん(7カ月)が26日、元気に退院したことがわかった。

命が危ぶまれる中での出産後、感染症や薬の副作用などの危機を乗り越え3650グラムに成長した。