イングランド・”泥酔カモメ”が多数発見される!どこかでアルコールを含んだ廃棄物をあさったのか、酒の臭いプンプン…


このカモメたちは、どこかでアルコールを含んだ廃棄物をあさった結果、泥酔状態に陥ったようだ。

英国動物虐待防止協会(RSPCA)によって手当を受けるに至り、同協会の職員は「保護した時はお酒の臭いがプンプンしていましたので、私たちの車まで今はパブのような臭いがします」とその様子を語る。

また、治療にあたった獣医は「人間が飲みすぎた時と同じように、カモメがふらふらして、バランスが取れないような状況になっていました」と説明している。