オーストラリア・”巨大蜘蛛”と勘違いされた生後6か月の赤ちゃん、母親の同棲相手に踏み付けられ殺される

オーストラリアで2016年6月のある朝、赤ちゃんが母親の同棲相手に殺される事件が起きていた。逮捕・起訴から裁判まで被告の男は一貫して「眠っていたなか突然腹部に乗ってきたものを巨大な蜘蛛と勘違してしまった」と主張している。自然豊かなオーストラリアで民家に現れる大きな蜘蛛やヘビは大変恐れられており、こんな事件も起こり得るものかと世界のメディアが注目。しかし被告は事件の少し前に覚せい剤を使用していたこともわかってきた。『The West Australian』ほかが伝えている。

事件が起きたのは豪メルボルンのグレンロイという町で2016年6月26日朝8時頃のこと。ドウェイン・リンゼイ(34)が眠っていたなか、同棲中のミシェル・ディアリングさんの連れ子であるチャイス・ディアリング君(生後6か月)が腹の上に乗ってきたため、驚いて目を覚ましたドウェインはその体を激しく殴り、足で踏みつけたという。ミシェルさんは当日の朝4時からメリッサ・ジョーンさんら女友達2名と24時間営業のKマートに買い物に出かけていて不在であった。

ドウェインはそれが蜘蛛ではなくチャイス君であったことに気づき、呼吸をしていないことからミシェルさんに連絡。すぐに帰宅したミシェルさんに、ドウェインは「俺の胸元から転り落ちたチャイスがヒーターに頭を強打した」と説明した。チャイス君は搬送先の病院で2日後に死亡。鼻血を流して頸部に絞められたような跡もあり、重度の脳挫傷、性器の重傷、脊髄損傷などが確認され、司法解剖の結果もドウェインの主張と一致しないことから検察当局が捜査を開始し、ドウェインの逮捕・起訴に至った。