飲酒ひき逃げの吉澤ひとみ、供述の信憑性に疑問…長期勾留へ 保身のための虚偽なのかを判断することも難しく「相当、慎重な捜査が必要」

酒気帯び運転でひき逃げしたとして道交法違反の疑いなどで逮捕された元「モーニング娘。」でタレントの吉澤ひとみ容疑者(33)が「自宅で夫と(逮捕当日の)午前0時ごろまで飲んでいた」と供述していることが8日、捜査関係者への取材で分かった。「缶酎ハイ3缶を飲んだ」とも説明したという。

 飲酒の状況や酒量については、事件の悪質性を判断する上で重要なポイントのひとつとなるため、供述に注目が集まっていた。事態が全容解明に動きだした一方、複数の関係者によると、供述の信ぴょう性について慎重に検証するため、勾留期間が長期間に及ぶ可能性が浮上した。

 まず、疑問点に挙がるのは呼気検査の結果だ。逮捕当時、吉澤容疑者の呼気には、1リットル当たりの基準値0・15ミリグラムの約4倍に当たる0・58ミリグラムのアルコールが検出されていた。供述どおりなら、飲酒後約7時間経過しており「疑問の残る数値」と捜査関係者は指摘。